【ループ電気によくある質問と回答】アフターサポートについて

Looopでんきアフターサービス

るーぷでんきによくある質問と回答

 

こちらのページでは、契約後のアフターサポート
保安や万一の時の相談窓口など調べてみました。

 

いくら電気代が安くなったとしても、サービス内容や
アフターケアがよくないとちょっと考えもの・・ですよね?

 

停電の可能性とか、発電所の故障で
電気が止まっちゃうと困りますので、万一の場合の相談窓口など

 

Looopでんきではどんな体制がとられているのでしょうか。

 

契約期間はありますか?また契約期間中に解約する場合、解約金はかかりますか?

契約期間は、供給開始日以降1年契約の自動更新となります。

 

契約期間内に契約を解除されても、解約金は発生いたしません。

 

Looopでんきに切り替えることで、停電の可能性が高くなったりしませんか?

停電の可能性が高くなることはありません。

 

お客さまのもとにお届けする電気は、これまでと同様、一般送配電事業者(東京電力など)の送配電網を利用するため、電力供給の信頼性や品質は従来と全く変わりません。

 

Looopの発電所の故障などで、急に停電になることはありませんか?

万が一、当社の発電所に故障が発生して発電できなくなっても、一般送配電事業者(東京電力など)が不足分を供給するため、急に停電になることはありません。

 

また、その際にお客さまへの負担金は発生しません。

 

各種相談の窓口は?

「Looopでんき」カスタマーセンターにてご対応しております。

 

低圧のお客さまは、0120-707-454にお電話ください。(年中無休 9:00〜20:00 )

 

高圧のお客さまは、0120-606-861にお電話ください。(平日 9:30〜17:30 )

 

夜間に停電になった場合など、緊急時に連絡したいときはどうすればいいの?

夜間や広域の停電などは一般送配電事業者(東京電力など)のカスタマーセンターへお問い合わせください。

 

Looopでんきに切り替えることで、電気の品質が低下することはありませんか?

電気の品質が低下することはありません。

 

当社が発電する電気は、既存電力会社の送配電網に接続する際に品質維持を求められています。

 

また、送配電網に接続してからは他社の電力と混じった状態となります。

 

そのため、事業者の違いによって品質が低下することはありません。

 

電力会社を切り替える場合、スマートメーターの設置が必要と聞きました。この設置(工事)は誰が行うの?

メーターの設置は、各地域の一般送配電事業者によって行われます。

 

新電力への切り替えには必ずしもスマートメーターが必要となるわけではございませんが、最初の切り替え時に、まだスマートメーターへの取替えが済んでいないお客さまには、一般送配電事業者が取替工事を行います。

 

お客さま側では、メーター取替のための手続きは不要で、必要に応じて送配電事業者側から日程などの連絡が入ります。また、費用負担は原則発生しません。

 

2回目以降の小売電気事業者の切り替えに際しては、その都度メーターの取替は必要ありません。

 

万一、Looopでんきの発電所の故障や、倒産があっても

 

一般送配電事業者(東京電力など)が
セーフティネットの機能を義務付けられていますので

 

停電とか電気が止まっちゃう心配は一切ないようです。

 

やはり、電気って大切なライフラインですから
何かの時でも問題がないように

 

安心してループ電気への切り替えを考えたいですよね。

 

なお、申し込み方法や料金についてよくある質問は
こちらの記事にまとめてみましたのでご参照ください。