るーぷでんき申し込みはホームページから超簡単に!費用の負担はありません

 

 

ループ電気の申し込み手順はいたって簡単です。

 

24時間365日ホームページから申し込みが可能で
費用も一切かからず無料で切り替えできますよ。

 

(電話による申し込みは受け付けていません。)

 

 

Looopでんきの申し込み手順は

 

 

 

ループ電気申し込み

 

 

手もとに電気ご使用量のお知らせ(検針票)を用意しておいて

 

 

るーぷでんき申し込み

 

 

重要事項の説明や個人情報の取り扱いに同意できたら

 

管轄の電力会社や22桁の供給地点特定番号
あなたのお客様番号などを順を追って入力していきます。

 

 

Looopでんき契約手順

 

Looopでんき申し込み時に気をつけておきたいことは

 

この時に注意しておきたいのは供給地点特定番号と
お客様番号を間違いなく正確に入力することなんです。

 

間違いがあると正確に電力切り替え手続きができませんので
検針票に記載の通り入力するようにしましょう。

 

ハイフンなしで入力するようになりますよ。

 

あとは住所氏名や連絡先の電話番号など
手順に入力すると申し込みが完了になります。

 

申し込みからおよそ1週間程度で旧電力会社との契約解除をLooopでんき側で行います。

 

そして、申し込みからおよそ2週間程度でWEB上のマイページ
およびハガキで電気の供給開始日が案内されます。

 

ただし、申し込みの混雑状況によっては
もう少し時間がかかる場合もあるようです。

 

工事会社よりスマートメーター工事日の連絡があります

(スマートメーター工事なしに供給が開始される場合もあります。)

 

スマートメーターとは

スマートメーターとは
従来のアナログ式誘導型電力量計と違って

 

電力をデジタルで計測し
メーター内に通信機能を持たせた
次世代の電力量計となっています。

 

るーぷでんきスマートメーター

 

スマートメーターの設置工事は無料です。

 

これまでは月に1度検針員の方が家まで来て

 

電力量計の指示数を直接読み取ることで
毎月の電気料金が決まって請求が届いていましたね。

 

スマートメーターでは30分ごとの電力使用量を
通信回線を利用して電力会社に送信することで

 

検針員による検針作業が不要になりますから
人件費の削減と電力使用量の見える化などが期待されています。

 

2020年東京オリンピックの頃には全世帯・全事業所で
スマートメーターの導入が計画されています。

 

電力使用量の見える化とは

ループ電気アプリ

 

 

るーぷでんきに切り替えるとスマホアプリで

 

30分ごとの電力使用量や
ループ電気に切り替えてどの程度電気代が節約できたか?

 

などチェックできるようになるんですよ。

 

 

Looopでんきスマホアプリ

 

 

30分ごとの電気使用量が見える化できちゃうので
「今月ちょっと使いすぎてるなぁ」と思ったら節電に努めましょう。

 

以上でLooopでんきの電力供給準備が完了となります。
案内日から電気が供給されるシステムですね。

 

電気代のお支払いはクレジットカードのみ

  • Visa
  • マスターカード
  • アメリカンエキスプレス
  • ダイナースクラブ
  • JCB

 

るーぷでんきクレカ決済

 

 

注意点として、スマートメーター取り付け時は原則無停電ですが
現場の状況により停電工事が発生する場合があります。

 

また、あなたのお宅の敷地内に立ち入りが必要な場合は
無断では入れませんので立ち合いが必要になりますね。

 

スマートメーターの工事は電力会社より
依頼を受けた工事会社が単独で実施するようになります。

 

事前に工事会社より電話で工事日の連絡が入るシステムです。

 

るーぷでんき申し込み

基本的にはWEB申し込みの後

 

スマートメーターの取り付けが完了すると
ループ電気から供給される電力が使えるようになります。

 

面倒な手続きもありませんので電気代が安くなるなら
ループ電気への切り替えも考えてみたいですよね!

 



Looopでんき会社概要

会社名 株式会社Looop(ループ)
設立日 2011年4月4日
代表者 代表取締役社長 中村創一郎
資本金 751,500,000(2018年3月末現在)
本社 東京都台東区上野三丁目24番6号

上野フロンティアタワー 15階・22階