ループ電気に切り替えると電気代は安くなる?

ループ電気安い!

 

 

毎日の生活に絶対欠かせない電気
今ではもう1番大事なライフラインっていえますよね。

 

「でも正直、電気代がもう少し安くなったら・・」
特に家族が多いとこんな風に考えちゃうんです。

 

電力自由化で、好きな会社から電気が買えるようにはなりましたが
仕組みがわかりりにくく、どこがもっとも安く使えるのか?

 

調べるのが面倒なこともあって、そのまま放置していたのですが
インターネットで何気なく見かけたのがループ電気(Looopでんき)

 



 

厚切りジェイソンさんのCMもあるんですね。

 

 

 

 

Looopでんきって、東日本大震災の被災地に

 

太陽光発電を設置するボランティア活動から誕生した
電力小売事業(新電力)なんですね。

 

現在では、大手企業や工場でも電気の供給実績があるんです。

 

ループ電気のメリットは基本料金がず〜っと0円

 

るーぷでんき基本料金無料

 

 

「基本料金0円ってどういうこと?」と思いましたが
どうやら使った分だけの電気代を支払えばよい従量制なんですね。

 

単純に考えて、基本料金の分だけでも毎月安くなる?
それとも、もっと節約できるのかな?と興味津々で

 

ループ電気の料金プランを調べてみると

エリア おうちプラン ビジネスプラン
北海道電力 29円/KWh 31円/KWh
東北電力 26円/KWh 27円/KWh
東京電力 26円/KWh 27円/KWh
中部電力 26円/KWh 27円/KWh
北陸電力 21円/KWh 22円/KWh
関西電力 22円/KWh 23円/KWh
中国電力 24円/KWh 25円/KWh
四国電力 24円/KWh 25円/KWh
九州電力 23円/KWh 24円/KWh

(料金は税込みでの表示となります。)

 

おうちプランは一般家庭用の電気料金ですね。
現在の契約アンペア数が10A〜60Aの場合です。

 

ビジネスプランは事務所とか商店、飲食店など
ちょっと電気を多めに使う事業所用です。

 

現在の契約がKVAの場合となります。

 

つまり、私たちのような普通の一般の家庭でも
お店や事業所でもループ電気で契約ができるわけですね。

 

とはいっても、具体的にうちではどれくらい安くなるのか?

 

普通の家庭でも、戸建て住宅だったりマンションだったり
家族の数やライフスタイルって違ってきますから

 

あなたのお宅の電気代がどれくらい安くなるのか?
シュミレーションしてみることもできるんですよ。

 

シュミレーションのやり方はこちらの記事でも詳しく

 

エリアや家族数、今使っている電気代によって変わってきますから
あなたのお宅もLooopでんきホームページでシュミレーションしてみましょう。

 

電気ご使用量のお知らせ(検針票)を手もとに用意して

 

 

ループ電気シュミレーションのやり方

 

 

こんなバナーをクリックで

 

 

Looopでんきホームページはこちら

 

 

簡単に、項目を選択するだけでOKなんですね。

 

 

ループ電気シュミレーション安い

 

 

1例として、東京電力エリアで3人世帯のマンションなら

 

 

ループ電気シュミレーションマンション

 

東京電力エリアで3人世帯の戸建て住宅なら

 

 

ループ電気シュミレーション戸建て住宅

 

基本料金が0円で、使った分だけの従量制なので
るーぷでんきに切り替えると安くなるお宅が多いですが

 

単身世帯の方や、あまり電気を使わないシニアのご世帯
家族の数が少ない世帯は逆にな高くなるケースもあります。

 

ですので、是非一度あなたのお宅を
シュミレーションで確認してみてくださいね!

 

ループ電気に切り替えて不安はないの?

ループ電気停電は?

 

 

前述したように電気って大切なライフライン
ループ電気に切り替えて安くなるのは嬉しいですが

 

 

停電する心配はないの?


私が真っ先に思ったことなんです。

 

Looopでんきのホームページでこの点を調べてみると

 

停電の可能性が高くなることはありません。
お客さまのもとにお届けする電気は、これまでと同様、一般送配電事業者(東京電力など)の送配電網を利用するため、電力供給の信頼性や品質は従来と全く変わりません。

 

こうはっきりと回答があったので安心しました。

 

また、Looopの発電所に故障や事故があった場合でも

 

一般送配電事業者(東京電力など)が、不足分を供給するので
急に停電になることはないようですね。

 

負担金が発生するなどということもありません。

 

ループ電気デメリットは?

一般送配電事業者には、セーフティネットの
機能が義務付けられているので、新電力に何かあっても

 

万一、Looopでんきが倒産しても電気の供給は受けられます。

 

電気の品質が低下することもまったく心配ないようです。

 

ループ電気には、既存電力会社の送配電網に接続する際に
品質維持が求められていて、送配電網に接続してからは

 

他社の電力と混じった状態で送られるシステムです。
ですので、事業者によって品質が低下することはないわけです。

 

何しろ、よくわかっているようでわからない電力自由化
つまるところ電気代が安くなって、今まで同様に使えればいいわけですが

 

基本料金0円で、使った分だけお支払い従量制
ループ電気への切り替えはとってもお得かもわかりませんよ!

 

Looopでんき解約金必要なし

契約期間は供給開始以降1年間の自動更新
契約期間内に解約しても解約金などは必要ありません。

 



ループ電気プラスって?

Looopでんきプラスとは?

 

 

ループ電気には、Looopでんき+(プラス)として
さらに電気代が安くなるプランも用意されてるんですね。

 

ひとつは、Looopでんき+ソーラー割といって
住宅用の太陽光発電システムを取り付けているお宅が対象となります。

 

自宅の太陽光発電で作った電気を
一般送配電事業者を通して、Looopでんきに供給すると

 

ループ電気のおうちプランまたはビジネスプランの契約で
通常従量料金よりさらに1円安くなるシステムです。

 

もうひとつは、Looopでんき+Looop Home割といって
ループ電気の太陽光発電システムLooop Homeを購入すると

 

 

ループでんきぷらす

 

 

Looopでんき+ソーラー割の従量料金より
さらに1円安く電気が買えるシステムとなっています。

 

新築予定のあなたや、太陽光発電の設置を検討中のあなたには
パネルの取り付けができて、さらに電気が安く買えるシステムとなっています。

 

さらに、るーぷでんち割も新設されて
家庭用の蓄電池を購入すると電気が3円安く購入できるようになりました。

 

当初は東京電力パワーグリッドおよび
中部電力、関西電力エリアが対象でしたが

 

東北電力、中国電力、九州電力エリアも対象に!

 

Looopでんき+の詳細はこちらの記事で

 

補足として、引っ越し先でもループ電気が使えますので

 

 

ループ電気引越し

 

 

新居や転居先でもLooopでんきの契約が可能となっています。

ループ電気契約までの流れは?

Looopでんき契約の流れ

 

 

ループ電気契約までの流れはとっても簡単です。
WEBから申し込みができて、費用もかかりません。

 

ループ電気契約までの流れはこちらの記事で

 

申し込みからおよそ1週間程度で
旧電力会社との契約解除をLooopでんき側で行います。

 

申し込みからおよそ2週間程度で、WEB上のマイページ
および、はがきで電気の供給開始日が案内されます。

 

工事会社よりスマートメーターの工事日の連絡があります。

(スマートメーター工事なしに供給が開始される場合もあります。)

 

スマートメーターとは?

 

従来のアナログ式誘導型電力量計と異なり、電力をデジタルで計測し、メーター内に通信機能を持たせた次世代電力量計。

 

従来では、月に1度検針員が直接需要場所に行き、電力量計の指示数を直接読み取ることで、毎月の電気料金を確定していた。

 

スマートメーターでは、30分ごとの電力使用量を通信回線を利用して電力会社に送信することで、人力による検針作業が不要になるため、人件費の削減・電力使用量の見える化などが期待されている。

 

引用元・ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC

 

以上で、Looopでんきの電力供給準備が完了となります。
案内日から電気が供給されるシステムですね。

 

ループ電気の月額料金はクレジットカード決済のみとなっています。

 

利用できるカードは

  • Visa
  • マスターカード
  • アメリカンエキスプレス
  • ダイナースクラブ
  • JCB

 

ループ電気クレカ決済

 

注意点として、スマートメーター取り付け時は原則無停電ですが
現場の状況により停電工事が発生する場合があります。

 

また、お宅の敷地内に立ち入りが必要な場合は
あなたの立ち合いが作業が必要となってきますよ。
(無断では敷地内に入れませんもんね。)

 

スマートメーターの工事は、電力会社より
依頼を受けた工事会社が単独で実施するようになります。

 

事前に工事会社より電話で
あなたまで工事日の連絡が入るようになっていますよ。

 

2017年10月にはLooopでんきアプリがリリース!

 

 

るーぷでんきアプリ

 

 

難しい操作不要で、30分ごとの電力使用量や
ループ電気に切り替えてどの程度電気代が節約できたか?

 

などが簡単にスマホでチェックできるようになっています。

 

るーぷでんき申し込みはこちら

基本的には、WEB申し込みの後

 

スマートメーターの取り付けが完了すると
ループ電気から供給される電力が使えるようになります。

 

面倒な手続きもありませんので、電気代が安くなるようなら
ループ電気への切り替えも考えてみたいですよね!

 

 

(運営元:株式会社Looop(ループ)